アクセントを返し

1990時世ワールドカップ、イタリアフェスティバルでバルデラマを中心に華美決勝トーナメント促進を果たしたコロンビアCEO、その4時世後のワールドカップでは、バルデラマを中心にアスプリージャ、リンコンところが最高潮、殊に南米予選のアルゼンチン戦では当時優勝代替の最右翼という視線されたこういう組を一品ともせず、誠に5対0の圧勝、スゴイ強さを見せ、一躍優勝代替に名乗り出るポイントとなります。
コロンビアCEOのワールドカップ初戦はハジ、ラドチョウ、ドミトレスクところを擁するこちらも欧州の強豪ルーマニアとの勝負、対決は互角かと思われましたがコロンビアは南米予選で見せた灯を皆目解き放つポイント無くルーマニア仲間3対1というまさかの失態、危険はそれだけに続かず2戦視線の対USA戦、当時のUSAは開催ナショナリズムとはいえ先ほど注目される組では決してありませんでした。
ものの遊び滑り出しさっそくオウンゴールを追加、その後もアクセントを追加されます。
コロンビアCEOも後半にアクセントを返し面目を見せますが手遅れ、優勝代替というコロンビアは惑いの予選失態が決定しました。でも予選終焉戦となったスイス戦では面目を見せ2対0で勝利したのはせめてもの救いだったと思います。アプリは出会い系も多数あり!北海道稚内市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です