ヒューマンはそうやって

こういう年代(アラフォー)になって、現在想うことがある。
それは、何かに関する興味や、食の憧れ、そうしてホビー趣なども変わってきておる感じがする。
若々しい辺りは、とにかく興味津々。色々なことに首を突っ込み、失敗し、友達を吐出し、そうしてそれなりにロマンスもした。ただし、妻子という続けるべきものが残る此度、むやみやたらと突っ走ることができない。が、それをくだらないことと見えることもなく、一日一日、妻子に何事もなく終わって行くのが、なんだか嬉しくなる。
食の好みもそう。あれだけ酒や肉ばかり食らっていた辺りはうって替わり、無邪気にクルマのオモチャで遊ぶ幼児を見ながら、晩酌間近にグラスを傾け、野菜スティックをかじる。家で焼肉をする時も、肉によって野菜。殊更、若い辺りは毛嫌いしていた茄子に食いつく。茄子を買い忘れれば、それだけを買いにアメイジングへ滑ることもある。
第三者への品もそう。宅配中に走る他人の幼児を見て、昔は不都合だと感じていた。否、今もそれほどかも知れない。ただし、感性は違う。はなはだ不都合だとしか思っていなかった以前と見比べ、今は不都合だと想う反面、転ぶなよ…なんて思ったりする。
このことを友達といった話題にするという、私たちも年代とったな…などと笑うが、ヒューマンはそうやって大人になっていく賜物なのだろう。アプリは出会い系も多数あり!北海道室蘭市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です