帰りその日は休みました

先日、わたしと友人の二人でわたしにとっても自然、瀬戸内各地の観光へって出掛けました。
以前から計画していたこういう観光、スポットは香川という広島、ただはからずも讃岐うどんというお好み焼きを食べたいと言うのも長所の一つだったのですが。
観光即日、その前日にわたしは午前タイプまで呑み、ざっと酔っぱらって待合室に登場するという間違いを犯しましたが安全エアーに間に合い目的地の高松へ開始、羽田から約1時のフライトで高松に到着し、直ぐうどん屋様へ直行、すっきりとしたうどんのテーストは酔っぱらっていた私の体躯に染み渡りました。
後々路面鉄道に揺られ、源平闘争の地、屋島へ、屋島では高台から探るコントラストに気勢、ところどころに闘争の名残を感じる事も適いそれもまた気勢でした。
屋島を観光したあとは、酔っぱらっていた私の事を気遣ってほんのり手っ取り早い入室、ちょいやすんでから夜の街角に繰り出します。
繁華町を歩いて見つけた穴場的バーで夜間を話し、もっぱら旅館に帰りその日は休みました。 そこでは弊社以外に仕事帰りのOL風のほうが数名食膳?囲んで飲んでいたのですがどういう意義か同感、結果丸々合流して紳士だらけではありましたが、さんざっぱらおかしい夜間となりました。アプリは出会い系も多数あり!宮城県気仙沼市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です