自分の生活の中で

小学生低学年の次男がいる。
主人に関しまして我々は困っている。
我々は余りに異なり過ぎて、なんていうか、付け足し方を教えてあげられなくて困っている。

その詳細はと言いますと…
主人は、面持ちから転ぶのです。
我々は自分の見聞や、自分の生活の中で見てきた面々に関しましていうと、転んです機会には必ずやしかたを前について仕舞うものだと考えていたのです。
ただし、主人のお出ましにて、私の法律はくつがえされました。
現行犯で面持ちがずる向ける場合を見たこともあります。
再び一目ですよね。
びっくりするくらい、コケッとなって、ドラフトって地面に主人がいて。

まあ考えてみたら、誰だって転ぶときは一目ですよね。
ただ、しかたはついているように映るんですけど、なぜかしかたはすりむかないのです。
すりむいたとしても、面持ちに比べるととっても軽微で。

先日は、アカデミーの帰路でやらかしてきました。
「ただいま」という主人。
出入り口に立っていた次男の額と鼻筋が血まみれでした。
額にいたっては、ぽっこりと青いたんこぶの上に、血液の感がべりべりくっついているようなありさまでした。

「どうしたの」
「ころんです」

次男なんて、こんなもんです。
問いたださない限りわかり易い会話なんぞ聞けやしません。

「誰かに背中を押されたの?」
「ちがうよ。こけたの」

虐待とか揉め事とか、そういったんじゃなければ、我々はいいんです。
本当は何だったんだろう…。
我々は滅菌液を吹きかけながら考えていました。
それでもこれ以上は、何を聞いても、しゃべらんだろうなとも思いました。
私も主人もあとは別に普通にしていました。

後々、我々にご一報が入りました。わりと近所の次男の同級生の奥さんからです。
お同士を追い掛けていて、転んだそうな。
「みずからただ普通にころんでた?」
といったきくと、
「ええ。ただこけたんだよ」
といった。

もう一度、とうに、もう一度。
我々、転び皆様なんて言いつけられないわよ!
どうしたら、本当にしかたをついて、膝を折って、安全に転んで受け取るのかしら。
「しかたをついて転ぶんだよ。ふところに手を入れてちゃいけないんだよ」
は、しょっちゅう言っているのに。

賢くいきません。
自己破産 岡山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です